神奈川県横浜市港北区 新型バーチカルブラインド 施工事例

カーテンRunnerのSHOGOです

当店で取り扱うバーチカルブラインドのメーカーは3種類
TOSO、ニチベイ、タチカワブラインド!!

今回はニチベイの商品を取付けましたのでご紹介します(^o^)

バーチカルブラインドのセンターレース仕様は、広く認知されておりますが、
バックレース仕様という商品もございます!!

センターレース仕様は、タチカワブラインドにもありますが
バックレーススタイルはニチベイのみの仕様になります


【メリット】
・スラット(羽)がL字に配置
・開けた時のたたみ代(シロ)が少ない
「バーチカルの取付けをご検討されている方は
たたみ代を気にされる方が多いので、これは魅力的」
・角度によって、表情が違う
・レース開口部が広いため、光が入りやすい

【デメリット】
・出幅が大きい
→正面付けの場合、最大でおおよそ18cmほど壁から飛び出ます
「そのため枠内天付けには厳しそう。。。
カーテンボックスも一般的な奥行き15cmぐらいだと厳しいですが
取付けする方法はありますのでご相談ください(^o^)」

「神奈川県横浜市港北区 新型バーチカルブラインド 施工事例」への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です